こくえい不動産調査

調査1番

東京とその近郊圏内以外の不動産調査

こくえい不動産調査では、東京近郊以外の遠隔地(地方)の不動産調査も承ります。時間がなくて、なかなか地方の不動産調査ができない、そんなときは、あなたに代わって現地をしっかり調査してきます。重要事項説明書の作成調査・不動産基本調査はもちろん、所在調査、現地現況確認等もあわせてご報告いたします。


具体的な調査内容

  • 重要事項説明書の作成調査・不動産基本調査
  • 所在調査と現況確認
  • 隣接地などの所有者当たり(仲介する場合の打診)

など


調査料金とご報告の日数について

概ね東京から50キロ圏以遠が対象となります(50キロ圏までは、エリア1.〜エリア3.となります)。
距離については、現地までにつき、各高速道路+一般道の概算距離か、鉄道最寄り駅の営業キロベースで計算します。
不動産基本調査料金のエリア3.(50キロ圏まで)の報告期限A料金(90,000円(税別)、書類作成業務とセットの場合80,000円(税別))をベースに、+50キロごとに15,000円(税別)の料金加算とします(料金には、調査費・交通費・宿泊費等を含み、取得資料代は別途実費負担となります)。なお、マンション等区分所有建物調査の場合は+5,000円(税別)〜加算となります。

例1

河口湖の別荘地を調査(概ね100キロ圏までの場合)
エリア3.料金+50キロ×1=90,000円+15,000円=105,000円(税別)

例2

松本の中古一戸建を調査(概ね200キロ圏までの場合)
エリア3.料金+50キロ×3=90,000円+45,000円=135,000円(税別)

例3

名古屋の土地を調査(概ね350キロ圏までの場合)
エリア3.料金+50キロ×6=90,000円+90,000円=180,000円(税別)

隣接所有者当たり、別途追加調査などがある場合は、別途調査費用を頂きます。
東京から200キロを超える遠方調査の場合、交通費や宿泊費など追加で費用がかかる場合があります。

調査内容のご指定も承ります。但し、不動産現地の掃除、草刈り、廃棄物処分など、直接不動産の調査と関係が無いご依頼については、専門業者のご紹介以外ではご希望に沿いかねますので、あらかじめご了承ください。

ご報告までの日数については、お打ち合わせさせていただきます。概ね、ご依頼いただいてから調査報告まで1〜2週間前後が目安です(お急ぎの場合は、その旨お知らせください)。

その他、詳細につきましては、別途お見積りください。


●調査料金表  « 詳細はこちら

調査のお申し込み

お申し込みは、不動産調査発注書 をダウンロードし、必要事項をご記入のうえ、お手持ちの関係書類とともにメールまたはFAX(分量が多い場合には郵送も可)をお願いします。発注書は、「土地・戸建用」と「マンション用」とございますので、お間違えない様にお願いします。

原則として資料をお送りいただいた当日中に、ご依頼確認のご連絡をさせていただきます。


●不動産調査発注書<土地・戸建用>ダウンロード(PDF形式)

●不動産調査発注書<マンション用>ダウンロード(PDF形式)


ご注意・お願い

調査の受付状況により、急行・特急等至急の調査がお受けできない場合がありますので、あらかじめご承知おきください。お急ぎの場合は、恐れ入りますが、事前のご連絡をいただきたいと存じます。


行政等の都合により、報告期限内に必要な調査・書類が揃わない可能性もあります。特に、建築確認及び検査済の日付・番号調査は、建物登記簿謄本の新築時期から建築確認提出時期を推測し、台帳を遡って調べていく手作業となります。 調査物件が新築当時「建売多棟現場」ですと、分筆前の地番で記載されていたり、同一敷地面積の区画が複数あると場所の特定ができません。また、民間受付のものであったり、役所の台帳保管状況によっては閲覧等に年度制限があるなど、調査に多大な時間を要することもあるため、この業務につきましては、後日報告となる場合や調査しても判明できない場合がありますので、あらかじめご承知おきください。


資料等の疑問点につきましては、調査に最善を尽くしますが、期限内に判明しない場合がありますので、あらかじめご承知おきください。


ご発注に際しましては、不動産業者様・所有者様の「手元資料」をご確認のうえ、事前にお送りくださいますようお願いいたします。


不動産物件の状況によっては、敷地内調査・建物内調査などが行えない場合がありますので、あらかじめご承知おきください。



▲ページ先頭へ戻る